忍者ブログ
 我々は日本という『比較的』平和な国で安寧に過ごしています。  しかし、本当にその状態に満足しているだけでいいのでしょうか?この疑問を持ちつつ、あらゆる事項に物申していきます。
<<05   2017/06 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30   07>>


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

逗子ストーカー:居場所の特定方法などをサイトで質問


神奈川県逗子市で元教員の小堤英統(こづつみ・ひでと)容疑者(40)が以前交際していたフリーデザイナーの三好梨絵(りえ)さん(33)を殺害し自殺したとみられる事件で、インターネットの質問サイト「Yahoo! 知恵袋」に直前までの約1年半、事件に向けた準備をうかがわせ予告するような質問が多数投稿されていた。県警逗子署は内容や時期から小堤容疑者が投稿したとみており、事件に至る経緯解明の糸口として押収したパソコンの分析を進めている。

 投稿は、三好さんの名前の一部が入ったものなど少なくとも4種類のIDで計436件あった。うち削除されていない259件は昨年5月7日以降、事件の2日前の今月4日までに書き込まれた。事件に関係のない質問もあるが、小堤容疑者が脅迫容疑で逮捕された昨年6月1日から、執行猶予付き判決を受けた同9月20日までは投稿がなかった。

 当初は人捜し方法を尋ねる質問が目立つ。昨年5月に「探偵業の方は、携帯などからターゲットの居場所を特定する際、どのような手段を活用しているのか」と投稿され、同10月には「お世話になった方を捜しています。引っ越した為(ため)、市町村名まで分かっているのですが、番地以下の住所が分かりません」と書き込まれた。

 昨秋以降は、刑法など法律的な手続きに関する質問や事件を予告するような内容が増える。昨年10月には「どれくらいの状態を心神喪失または心神耗弱とするのですか」と質問。12月には「殺人事件を犯した犯人が逮捕される前に自殺してしまった場合、その後の事件の処理はどうなるのですか?」と投稿し、読んだ人が「容疑者死亡で不起訴になる」と回答した。一方で「付き合っていた恋人との別れが原因でうつ病が悪化し、自殺未遂をして入院となり、仕事も退職に追い込まれました」(同10月)との書き込みもあった。

 今月4日には「包丁の切れが悪くて困っています。包丁ってホームセンターに行けば売っていますか?」との質問が掲載された。

 小堤容疑者は今年3月下旬から三好さんに対し、「別の男と結婚するのは契約不履行。慰謝料を払え」などのメールを約20日間で1089通送信。三好さんは自宅で今月6日、背中や首などを多数回刺されて死亡し、近くに血の付いた包丁が落ちていた。【山下俊輔】

{毎日新聞 2012年11月12日 23時43分(最終更新 11月12日 23時57分)付けより引用}

 皆さんは99年に起こった埼玉県桶川市で起こったストーカー殺人事件を覚えているであろうか?あの時の事件の教訓が生かされないまま、またしてもストーカーによる完全犯罪が成立してしまった。
 だが今回はこの事件を深く掘り下げることを目的としてこの記事を引用したのではない。というのも今回はネット社会の恐ろしさを書こうとしているからである。
 引用したニュースで容疑者はネットで被害者に何度も嫌がらせや脅迫メールを送っていた。その上、今回の犯罪を実行する事をほのめかす事も書いたのである。この事からも分かるように容疑者は深刻さは未だ分からないもののネットにのめりこんでいた。
 このネットにのめりこむことの恐ろしさはフジテレビ系列で毎週水曜日にやっているバラエティー番組『ほんまでっか!?TV』で7日の放送分で取り上げていた。そこでここからは番組に出演していた評論家が紹介した情報を列挙することにする。
(尚、カッコ内の人物名は番組に出演し紹介した評論家です)

・コンピューターを使いすぎると脳が退化する (教育評論家:小木直樹)


・ネット中毒者は社会性が減り、攻撃性が増す (脳科学評論家:沢口俊之)


・現在人が最も抑えきれない欲望はSNS  (経済評論家:門倉貴志)

・位置情報がストーカーに利用される事も (軍事評論家:テレンス・リー)

・重度のネット中毒者は隔離治療が必要 
 (脳科学評論家:沢口俊之)

・ネットで相手の反応が思い通りにならないと攻撃性が増す

(環境評論家:武田邦彦)

・一日ネットに触れないとイライラ・攻撃的・不眠は中毒初期


(脳科学評論家:沢口俊之)

・SNSに一言書き込んだだけで個人情報が特定される

(ネットセキュリティ評論家:園田道夫)


 ご覧の通り、ネットそのものが生活の一部になってしまっている為に現代の我々は特にのめり込み易くなってしまっている。このネットの暗黒面は以前のコラム『今の捜査方法でネットの闇に光を当てることができるか』でも一部取り上げたがアメブロでもこんなコラムを書いた。

オンラインゲーム考(Neutralizer)
 このタイトルをつけた理由は最近、私の弟達がよくオンラインゲームをやっているのを見るからであり、興味がわいてきたからである。とはいっても私はまだやろうという気になれない。夢中になるあまり、家に閉じこもりになりがちになることを恐れているからである。

 
 それだけではない。隣国である韓国でもオンラインゲームが流行っており、中にはゲーム中毒になってしまい、閉じこもりになってしまう人もいるそうである。しかも、ゲームの中のアイテムを実際のお金で売買するブローカーまでいるのである。これは電子社会と実社会がごちゃ混ぜになっていることを意味する。そうなると人は現実と幻想の区別がつきにくくなり、犯罪の多発化にもつながりかねない。
 
 だからといって私はオンラインゲームが悪いとは言えない。以前、中日新聞でいじめについて特集記事が載っていた際、オンラインゲームで心を癒された女性の体験談が書かれてあったからだ。その女性はいじめにあっていたがオンラインゲームを通じて他人と話しているうちに心が癒され、後に知り合った男性と結婚したそうである(最近のオンラインゲームは結婚システムまである)。
 
 だから、やるにしてもある程度距離をおく心構えが必要であり、子供達にもそれを教える必要性がある。私と同じようにオンラインゲームに興味をもっている人はここのところは覚えておいて欲しい。
(新生活日記 Neutralizerの移ろい行く日々 2007.9.7付けより引用)


電子無法社会
名古屋で24日に起こった殺人事件(名古屋闇サイト殺人事件)は正に電子無法社会の一面を表しているといえる。この事件の犯人達は金銭欲しさが動機だったが、私が注目したのは彼らがネット(それも携帯電話の『闇の職安』というサイト)を利用して、知り合ったことである。本来ならば禁止されるべきサイトが堂々とネット内でまかり通っているし、平然と利用している人もいる。
 
 再三言うが、このブログのページはネチケットに厳しい。その為、今コメントを制限している。しかし前のコメントでも言ったとおり、いじめや今回取り上げたサイトなどによってネチケットが無実化しているのもやりきれない。もしかすると安易に文章や関係を作れる故に自己制御をする必要ないと思い込んでしまうのではないか、他人と簡単にしかも顔を見ずに関係をつくれるのだから…。
(新生活日記 Neutralizerの移ろい行く日々 2007.8.27付けより引用)

悪質行為さえも娯楽なのか
通行人突き飛ばす映像をネットに 少年逮捕

アメリカで、通行人を突き飛ばすなどした映像を撮影し、インターネットで公開したことから、少年2人が逮捕された。 
 17日、誰でもインターネット上で動画を投稿できる「YouTube」に通行人を突き飛ばす映像が公開された。ミネソタ州セントポール警察によると、この映像を見た住民から通報を受け、被害も報告されたことから、警察は通行人を襲っていた19歳と17歳の少年を逮捕した。映像には音楽がついていて、2人の顔も映っていた。 
 アメリカのメディアによると、このように、嫌がらせや脅しを行う様子を撮影し、インターネットに投稿する人が増えているという。
(日テレNEWS24  11/19付けより引用)

 我が親友がイギリス人女性英会話教師死体遺棄事件の被疑者にファンクラブが出来たことを取り上げたが、今回私が取り上げる記事も悪質である。こんな事がインターネットで流れているのかと思うと寒気がする。
 もしこれをあのゲームクリエイターである飯野氏が見たら先に挙げた事件被疑者ファンクラブを作った愚か者と同じ事を英語で批評するだろう。
 それだけではない、これも我が親友が『マスターベーション的発想』というコラムで落書きのことを取り上げていたがあれも今回の事件と全く同じだ。落書きを『アート』だと開き直っている輩がいるそうだが人に危害を与えるものは芸術でも何でもない、子供が書いた絵よりも最低だ。
 これも『娯楽』だと開き直るようであるのならもうその人間は救いようがない、価値観が完全にサディズムに歪んでいるからである。
(新生活日記 Neutralizerの移ろい行く日々 2009.11.21付けより引用)


アメリカにおけるネットいじめの実態
 今日のフジテレビ系列の報道番組『とくダネ』でアメリカで起こっているネットいじめ(サイバーブリー)の実態を特集していた。
 かの国でもかなり悪質な手口が行われており、自殺した少年少女が何人もいた。例えばある少女はネットで『自分を殺す6つの方法』と題した画像を出され、それが同級生からだという。また、あるコンピュータプログラマーは息子をネットいじめで亡くし、仕事を辞めて学校を回っては子供達にネットいじめの酷さを訴えているそうだ。
 ただ、アメリカは我が国と違って対応は早い。ネットいじめを禁止させる法律を作ったり、警察などの司法がいち早く動く。『臭い物に蓋』でいじめを闇に葬ろうとする我が国の教育機関とは大違いである。
 何度も言うがネットはパソコンを通じて行うので直接人同士顔を合わせて話をするわけではない。その上、匿名にもできるので相手を簡単に騙せ、しかも不利な状況になれば閉鎖して逃げることも可能だ(最近はドメインサーチすれば追跡は可能だが)。
 今、一人ひとりに強固なネチケットが求められている。今もサイバーブリーを誰かにしている愚か者共に告ぐ、そんなことでストレス解消している暇があるなら己のモラルを向上させろ!因果応報でその報いはいつか跳ね返ってくるぞ!!
(新生活日記 Neutralizerの移ろい行く日々 2010.8.10付けより引用)
 

 
 我々はこのコンピューターという物で生活をより快適にしてきた。しかし、逆に人同士での付き合いをする必要を薄れさせ、コンピューターを通して人が他人と付き合うようになった。それ故、万能感やコンピューター任せの思考になってしまい、社会性までもが失われつつある。それはまさに弱肉強食の中で生きてきた原始人に先祖返りすることではないか。今、私自身もこうしてパソコンに向き合っているがある程度距離を置くようにしている。我々現代人はまず自分が『人間』という生物を自覚し、そこから人同士の面と向かった付き合いをするべきである。

 因みにコンピューター中心の生活が直接的な原因とまでは考えてないが尼崎市で起こった連続監禁暴行事件に関しても被告達の社会性の低下が一因と私は見ている。過去に起こった監禁事件にしても現代社会で機械に囲まれている生活が歪んだ万能感を生み、他人を簡単に支配できると思わせたのではないだろうか・・・。

PR
[17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7]  

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Category
New Artical
 
New Comment

[Login]  [Write]  [RSS]


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[09/02 矜持]
[01/15 すずめ]
[10/06 メグレムリン]
[08/28 俊樹]
[08/15 俊樹]
プロフィール
HN:
F16dande
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
最新コメント
[09/02 矜持]
[01/15 すずめ]
[10/06 メグレムリン]
[08/28 俊樹]
[08/15 俊樹]
フリーエリア

忍者ブログ [PR]
 Designed & Photo  by chocolate巧