忍者ブログ
 我々は日本という『比較的』平和な国で安寧に過ごしています。  しかし、本当にその状態に満足しているだけでいいのでしょうか?この疑問を持ちつつ、あらゆる事項に物申していきます。
<<05   2017/06 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30   07>>


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「新生活日記Neutralizerの移ろいゆく日々」および「移ろい行く日々に物申す」ですが、「日々格闘記TETSUONO -イカロスの翼-」にてPDFにて公開しております。
 ただし投稿基準に従い、荒らし投稿については一切公開しません。ご了解ください。

http://wing-of-icarus.blogspot.com/‎
PR
 ブログをご覧の皆様、2013年が始まりました。本来ならば新年のご挨拶とまいりたいところですが私は去年、母方の祖母を亡くして喪中の為、ご挨拶ができません。そこで私自身の抱負を語ることでご挨拶の代わりとさせていただきたいと思います。
 私の今年の抱負は『中庸』の視点で物事を見極めて積極的に行動する事です。ご存知の通り、去年の衆議院総選挙で自民党政権に戻ってしまってからというもの、国粋主義的な発言が目立ち、あの忌まわしい戦前時代に逆戻りする傾向の世の中になってしまっています。次の一言は大文字で書かせていただきますが

はっきり言って『歴史認識』の風化が進行してしまっています!!

 その為にも極化してしまっている右にも左にもよらず、あくまで『中間』的視点で社会問題を見つめ、物申し続ける所存です。

 ところで皆さんは『小林虎三郎』と『河合継之助』という人物をご存知でしょうか?あまり知らない方が多いと思われますが前者は我が親友が『ヒトラー』呼ばわりしていた小泉純一郎が首相だった頃、『米百俵』の精神を声高に叫んでいましたがその『米百俵』のエピソードを作った人物です。
 何故この二人の名を挙げたのかと言いますと後者の河合を主人公にした司馬遼太郎の小説『峠』でこんなエピソードがあったからです。
(以下で取り上げるエピソードはあくまで司馬氏の書いた創作であって史実ではありません。)
 
 虎三郎と継之助は藩校時代からのライバルでお互いの考えや行動を批判・論戦しあっていた。
 ある時、虎三郎の家が火事にあって焼失してしまった。すると継之助は何を思ったのか衣服などの生活必需品を用意すると彼の避難先に届けた。虎三郎は継之助に礼を言いながらも「こちらにはその好意にお返しするものがない」と言うと彼の政策(当時、継之助は長岡藩の家老になって藩政を行っていた)を批判したのである。
 普通ならば虎三郎を『恩知らず』と言って恨み、怒りを覚えるであろう。ところが継之助は彼に怒りや恨みを抱くどころか返って彼を褒め称えたのである。その理由を訊かれると中国の哲学者、孟子の言葉を出してこう答えたという。
「いかに武威ある存在から脅されても心を屈せず、いかに貧乏しても志を変えたりせぬことを偉いという」

 さて現在の我が国を見ますと外見だけ威勢のいい『愛国』という言葉が飛び交い(特にネットの中で)、共感する者だけで集まり、批判に対して誹謗中傷や罵倒・脅迫で相手を潰していく行為がまかり通っています。それを『快楽』と感じている人が多いからです。
 しかし、本当の『快楽』というものはいつもあるものでもなく、苦痛や違いを排除して残ったものでもなく苦痛と違いの中にあるいはその先にあるのではないでしょうか。虎三郎と継之助のエピソードのようにお互いを批判しあいながらもどこか一部は認めるという余裕というべきでしょうか、隙間というべきでしょうか、とにかく頭の中に相手の意見を受け入れるところがなければ相手も同じ構えで反撃してくるのです。私はその相手の意見を受け入れる余地だけは例え他人より小さくても確保していこうとも思っております。
 以上を持ちまして今年の抱負とさせていただきます、本年もよろしくお願いいたします。

2ちゃんねる創設者書類送検=薬物取引の書き込み削除せず・警視庁

インターネット掲示板「2ちゃんねる」で、覚せい剤売買の書き込みが削除されなかった事件で、警視庁サイバー犯罪対策課などは20日、掲示板をきちんと管理せず、売買の書き込みをしやすくしたとして、麻薬特例法違反(あおり、唆し)のほう助容疑で、2ちゃんねる創設者の西村博之元管理人(36)を書類送検した。
 西村元管理人は掲示板を譲渡したとされたが、その後も書き込み削除について、担当者とメールで相談していたことなどから、同課は実質的な管理権限があったと判断した。西村元管理人の立件は初めて。
 同課によると、西村元管理人は取り調べを一切拒否したが、違法薬物に関する書き込みを自主的に削除するなど改善がみられたため、逮捕は見送ったという。
 送検容疑によると、西村元管理人は掲示板に違法薬物販売の書き込みが多数あるのを知りながら、削除せずに放置。昨年5月7日、密売人の男(55)=実刑判決=が、「02-1万円+P」などと隠語で覚せい剤販売を示す内容を書き込むのを容易にした疑い。

(時事通信 2012/12/20-16:56付けより引用)

 この『2ちゃんねる』は以前から無法サイトとして問題視されており、私も我が親友も何度も批判してきた。ここで我が親友が書いた『2ちゃんねる』批判のコラムを二つ引用させてもらう。

無節操な甘い世界だから厳しい目で見られる

 東京新聞【社会】
2ちゃんねる 違法情報97%放置
2012年5月10日 夕刊

 国内最大級のインターネット掲示板サイト「2ちゃんねる」が、昨年一年間にネット上の違法情報を監視する民間団体「インターネット・ホットラインセンター」(IHC、東京)から削除要請を受けた薬物取引などの書き込みのうち、97%を削除せずに放置していたことが十日、警察庁のまとめで分かった。
 2ちゃんねるには薬物のほか、通帳や携帯電話の売買を持ち掛ける書き込みも氾濫しており、「重大な犯罪の原因となる可能性がある」(警察庁幹部)情報が野放しとなっている現状があらためて浮き彫りとなった。
 片桐裕警察庁長官は同日、国家公安委員会後の記者会見で「放置されているのはほとんどが薬物の宣伝など悪質な情報で看過できない。違法情報と認識しているのに削除しない掲示板サイトに対しては刑事責任の追及を含め必要な措置をとりたい」と述べた。
 薬物売買の書き込みの放置をめぐっては、警視庁が昨秋以降、麻薬特例法違反(あおり唆し)のほう助容疑で2ちゃんねるの関係先を家宅捜索し、運営実態の解明を進めている。
 IHCは警察庁の委託を受け、薬物取引を持ち掛ける書き込みや児童ポルノの掲示など内容自体が法律に反する違法情報や、自殺を勧誘したりする有害情報を監視。サイト管理者などに削除を要請している。
 警察庁によると、IHCが2ちゃんねるに昨年、削除要請した違法情報は五千二百二十三件で、97%に当たる五千六十八件が削除されていなかった。未削除の情報の大半は覚せい剤など薬物関連。他のサイトも含む違法情報全体の未削除件数は五千三百八十一件で、ほとんどを2ちゃんねるが占めた。
 2ちゃんねるは二〇〇九年も千二百六十六件の削除要請を受けながら千二百二十七件を放置、一〇年は千九百十件のうち千八百十一件を削除していなかった。
 警察庁は「書き込みが削除されないことで、薬物売買をしやすい環境になっている」(幹部)とし、全国の警察に削除要請に応じないサイト管理者の取り締まりを強化するよう指示している。
 IHCに昨年寄せられた情報は全体で十八万二千七百五十七件。うち薬物の取引などの違法情報は三万六千五百七十三件で過去最多だった。

 ようやく2ちゃんねるの取締りが始まるようである。
 私はこの2ちゃんねるを絶対に許すわけには行かない。パワハラ加害者に注意したところ逆切れされて誹謗中傷の書き込みをされたからだ。表現の自由には敬意を示すが、暴言の自由などない。暴言の自由がまかり通るのなら、私はその空間を憎悪し嫌悪する。
 そうした事実を我々は見据え、厳しく立ち向かう必要がある。元管理人と称している西村博之氏は今までの悪事を全てざんげし、警視庁に潔く自首して無期懲役刑を受け入れる義務がある。無論、2ちゃんねるの被害者全員に謝罪した上で損害賠償として一人当たり100万円を一括で払う義務もあると付け加えておく。
 2ちゃんねるの歪んだカルチャーはネットの健全な社会を破壊するばかりだ。著作権の侵害をあおったり、セックスビジネスを促進するような行為などを繰り返し反社会的な団体であることを世界中に知らせしめた。金妍児選手への不当な誹謗中傷を放置する、佐高信氏への不当攻撃、市川市の英会話教師暴行致死事件の被疑者ファンクラブ立ち上げなど取り上げれば取り上げるほどきりがない。
 この団体を利用しているネットユーザーに警告したい、もし何か言いたいというのなら私のように堂々とブログで言論を戦わせて見ろと挑発したい。だが荒らし投稿にはこのブログは厳しい。前身の「新生活日記」時代からの罰則は継続しているし、アクセス規制ツール「忍者バリア」も使っている。ネチケットに従い事実に沿って堂々と意見を述べるものにはこのブログは親切だとだけ言っておこう。
 ネットでも無節操な甘い世界はない。あるというならそこは世間の風が流れない閉鎖的空間に過ぎない。そうした空間には厳しい視線が注がれている。自業自得としか言いようがない。
 だがその一方で私は警視庁にも言いたい、表現の自由を過剰に規制することのないよう警告したい。思想警察というべき公安警察のようなことはしないで欲しい。2ちゃんねるユーザーでも心のある人はいるのでそうした人には見逃してやって欲しいが誹謗中傷に関しては厳しくやってもらいたい。
(日々格闘記 Tetsuono 2012.5/12付けより引用)


2ちゃんねるは本当に必要なのか


今回、我が盟友Neutralizerが新たにブログを立ち上げる事になったが、最初に書く予定だった2ちゃんねる批判を福井県の大飯原発再稼動問題優先のため私が譲り受ける事にした。
 最初にこの記事を引用する。

Googleの電力使用量は2億6000万ワット! 米国の某都市を超えます。さて、どこの都市でしょう?
2011.09.18 12:00
http://www.gizmodo.jp/2011/09/googlegreeeeen.html

 シンキングターイム!
 Googleのデータセンターでの電力使用量はどのくらいなのでしょう? 私たちの検索、Gmail、YouTube等々を支えるデータセンターで使われる電力はなんと2億6000万ワット! これは米国ユタ州の州都、ソルトレイクシティ全体の電力使用量を超えています。ソルトレイクシティの人口はおよそ18万人、日本で言うと東京都三鷹市クラス。人口20万人近い都市を支えるのに十分な電力を使うGoogleのデータセンター。環境に優しいウェブ作りに取り組むサイトをGoogle Greenを発表しています。
 Google検索100件は、60ワットの電球を28分間点灯させるのに等しい電力を使用します。1Googleユーザーの1ヶ月のサーバー使用で60ワットの電球3時間分に等しい電力を使用します。しかし、いかに電力を使用しようともGoogle、インターネットの活躍でエネルギーの消費量が減っていると考えることもできます。例えば3日間のYouTubeストリーミングは、1枚のDVDを生産して家まで届けるエネルギーとほぼ同じです。見るという点で考えると2時間の動画を見るのに必要なエネルギーで、Googleなら3日分見ることができるわけですね。
 これからもっともっと電力使用量が増えるであろうIT業界、その環境への取り組み方も注目が集まっています。
[NY Times]

 続けて、こんな呆れたニュースをお見せする。
 覚醒剤:5容疑者逮捕 「2ちゃんねる」使い密売
毎日新聞 2012年05月31日 11時45分(最終更新 05月31日 13時08分)
 九州厚生局麻薬取締部は31日、インターネットの掲示板「2ちゃんねる」で客を募って覚醒剤を密売したとして、千葉県内、A容疑者(30代後半)ら無職の男女5人を覚せい剤取締法違反(営利目的譲渡など)容疑で逮捕したと発表した。客は主に主婦や会社員、タクシー運転手らで26都道府県にわたり、数千万円を売り上げたとみて追及する。
 他に逮捕されたのは、B(30代前半)▽C(20代前半)▽D(20代前半)▽E(20代後半)の各容疑者で、いずれも福岡地検が既に起訴。
 起訴内容は、E被告を除く4人は昨年12月13日、福岡県の男性に覚醒剤約1グラムを発送し、代金3万円で譲渡したとされる。E被告はD被告とともに今年4月11日、自宅マンションで覚醒剤約3グラムを営利目的で所持したとされる。
 捜査関係者によると、5人は数年前にネット上の戦闘ゲームを通じて知り合った。千葉県内と大阪市を拠点に、生活費を得るために始めたという。客集めには2ちゃんねるの掲示板を利用。他人名義の携帯電話や口座を使って売買していた。【山本太一】

 私の人生を根底から狂わせた犯罪掲示板がまたしてもこんな犯罪行為を放置している。
 絶対に許すわけには行かない。事実上の管理人の西村博之については書人両断の牙にかけているが、この2ちゃんねるにストーカー日記をつけていた愚か者が逮捕されるなど、今や2ちゃんねるは犯罪の巣窟そのものになってしまっている。
 西村はその事に対してが運営する「インターネット・ホットラインセンター(警察庁の委託を受けた財団法人)が情報を違法と決めることはできない」などとブログに逆切れ暴言を掲載した。西村は、警察からの削除要請のメールは2通だけで、それについては削除済みだとしたうえで、ほかの数千件のインターネット・ホットラインセンターからの要請は「財団法人が情報を違法と決めることはできない。合法の可能性もある情報の削除依頼を不適切な手段で送って、対応されなかったというだけだ」と居直っている。
 この暴言に我が盟友はかんかんに激怒していたが当然だろう。違法行為によって利益を得てきた犯罪者にふさわしい暴言だ。私はこれまでも
こうした形で批判を繰り返してきたが、改善の余地は全くない。かえるの面に何とかという言葉である。表現者には言葉を使うわけだから、きちんとした根拠を持って言葉を戦わせる義務がある(だがそれがどこまでできているかはわかりかねるが)。
 そんな場所を提供するのだから、2ちゃんねるは無秩序の空間にしないようにする努力義務が課されている。しかし、西村は果たさないばかりか違法行為への損害賠償に不誠実な対応に終始している。こんな傲慢な話はあるだろうか。
 西村に対して言いたい事がある。人の人生を散々狂わせた事への責任を感じるのなら私財を今すぐ提供することだ。感じていないと言うなら、私は護憲保守主義者として西村を容赦なく批判し続ける。言葉と言う力には大いなる責任が伴うのだからだ。そんな2ちゃんねるに使われているサーバーだが、節電努力をしているらしい。しかし、私は批判的だ。
 2ちゃんねるの存在自体が大きな電気消費をもたらしているのに過ぎない。2ちゃんねるにアクセスする電力をどれだけで考えているかが問題なのだ。2ちゃんねるの国内のサーバー設置会社ゼロが保有しているサーバー60台で、2010年に200Vの消費電力のサーバーを導入して維持する電力費用に12000V必要と言うのが現実だ。これが365日と計算すれば105120000V必要と言う事になる。
 よって、私は2ちゃんねるの運営を停止する事が節電の一つになると考えている。2ちゃんねるがなくても我々は困らない。皆さんに言いたい、かつて「書を捨てよ町へ出よう」と作家の寺山修司は言った。ならば、私も言いたい、2ちゃんねるなんか捨てよ、現実へ出ようと。ネットの仮想空間なんかに振り回されるよりは人と人が向かい合う社会こそが本来の社会なのだから。

(日々格闘記 Tetsuono 2012.6/18付けより引用)

 今回の逮捕劇は西村が2ちゃんねるを放置したままにした結果、起こるべくして起こった当然の結果である。ところが次に引用する記事によれば頓珍漢なことを言っている輩がいる。

ひろゆき書類送検についてみんなはどう思う? 「警察が意地になってる」「2ch潰しが始まった」


本日、巨大掲示板『2ちゃんねる』の創始者である西村博之氏が書類送検されたと発表された。ガジェット通信でも既に報じ、ネット上でも話題になっている。様々な意見が飛び交っているが実際のところ、どういう意見が多いのだろうか。ここで1000人を対象にアンケートを採ってみることにした。

“西村博之、書類送検について”という項目で1000人を対象、複数選択可能アンケートとなっている。結果は次の通り。
 

1位:警察が意地になってるだけ 408 (40.8%)
2位:書類送検はおかしい(関係無い) 257 (25.7%)
3位:数あるIT企業も平等に取り締まるなら許せる 216 (21.6%)
4位:税金をどうでも良いことに使うな 215 (21.5%)
5位:妥当だと思う 141 (14.1%)
6位:起訴、逮捕でも良い 113 (11.3%)
7位:2chは嫌いだけどこれはやりすぎ 97 (9.7%)


1位はダントツの408票で「警察が意地になってるだけ」となった。次いで2位は「書類送検はおかしい(関係無い)」なっており257票、3位は「数あるIT企業も平等に取り締まるなら許せる」で216票。

アンケートに書かれたコメントは次の通り。
・ひろゆき捕まえて勝った気になってるよねw
・別件でも何でもいいから理由付けしてガサ入れしたいってことでは
・2ch潰しが始まったな
・書類送検って逮捕ではないんでしょ? 警察お手上げかww
・面白ければ何でも良い せっかくだから逮捕くらいはしてほしい
・こんなことで逮捕ならyahoo、google、楽天の社長なども逮捕だわな。
・インターネットが絡むと警察の無能度が跳ね上がるな
・こんなのよりオークション詐欺に加担した芸能人片っ端から捕まえろよw
・警察の思い通りにならなかったのかなあ なんか見せしめな気がする
・関係ないけど賠償金さっさと払えよ


以上の様に様々な意見が挙がっているが、『2ちゃんねる』は嫌いだが今回の書類送検はおかしいという意見が多く見られた。これは擁護ではなく書類送検するならほかのサービスも平等に対応してほしいということで、それができないなら『2ちゃんねる』だけ幇助扱いするのはおかしいということだろう。

警察も躍起になっているため、今回の件はこのまま終わりそうにないがどうなるだろうか。

(アメーバニュース   2012.12/20.21時30分付けより引用)


 彼等は分かっていない、西村は本来サイト運営者としてネチケットを遵守しなければならない立場であったのに憲法第21条『表現の自由』を『言論垂れ流しの自由』と勘違いして誹謗中傷などを放任していたという大きな罪がある。
 『自由』と『放任』は違うのだ、他人の『自由』及び『人権』を尊重しない者に自分の『自由』・『人権』なぞ保障はされないのだ。私も声高に言おう。
「2ちゃんねるは即刻閉鎖し、西村は今までの放任の責任をきちんと清算せよ!!」

Q被告に死刑判決 全事件の有罪認定


鳥取の連続不審死事件で2件の強盗殺人罪などに問われた鳥取市の元スナック従業員、Q被告(38)の判決公判が4日、鳥取地裁であった。強盗殺人罪について無罪を主張したQ被告に対し、野口卓志裁判長はいずれも被告の犯行と認定。「悪質さが顕著。極刑をもって臨むほかない」として求刑通り死刑を言い渡した。

 裁判員制度開始以降、死刑判決は全国で15例目で鳥取県内では初。県内の死刑判決は、1951年の同地裁米子支部の判決(減刑令で無期懲役に変更)以来61年ぶりとみられる。弁護側は判決を不服として広島高裁松江支部に即日控訴した。

 弁護側はQ被告と同居していた男性(49)にも「犯行が可能だった」と主張していたが、判決で野口裁判長は男性の証言について「虚偽を述べている可能性がある」としながらも、電器店経営の円山秀樹さん=当時(57)=が殺害された時間帯に男性がスーパー駐車場に待機し、トラック運転手の矢部和実さん=当時(47)=が砂浜でいなくなった際にQ被告がずぶぬれの状態だったなどの事実を認定。弁護側の主張を退けた。

 動機については「金銭支払いを強く要求され、いとも安易に殺害を決意して実行に及んでいる。冷酷かつ身勝手」と指摘し、「強固な殺意に基づく計画的犯行。同一機会に2人を殺害した場合と比べより強く非難されるべき」と量刑理由を述べた。

 判決によると、Q被告は2009年4月4日、270万円の借金返済を免れようと、矢部さんに睡眠導入剤を飲ませて北栄町の海岸で殺害し、同年10月6日、計53万1950円の電化製品代の支払いを免れようと、円山さんに睡眠導入剤を飲ませて鳥取市覚寺の摩尼川で殺害した。
(日本海新聞 2012年12月05日付けより引用)



鳥取連続不審死 Q被告に死刑判決 間接証拠で強殺認定

鳥取の連続不審死事件で、二件の強盗殺人罪などに問われた元スナック従業員Q被告(38)の裁判員裁判の判決で、鳥取地裁は四日、求刑通り死刑を言い渡した。野口卓志裁判長は「都合の悪い存在を消すことで安泰を図ろうという動機は冷酷、身勝手。強固な殺意に基づく計画的犯行だ」と述べた。弁護側は即日控訴した。

 直接証拠がない中、弁護側は被告と同居していた元会社員(49)が強盗殺人の真犯人だと主張したが、判決は「殺害機会があったのは被告だけ。殺害で債務弁済を免れた」と退けた。

 この日のQ被告は、グレーのカーディガンと茶色のスカート姿。時折、納得できないかのように首をかしげる場面も。極刑宣告の瞬間は、証言台の前で直立したまま裁判長を見詰めた。聞き終えると深く一礼したが、傍聴席に目をやることはなかった。

 閉廷後、被害者の円山秀樹さん=当時(57)=の長女国岡知子さん(34)は、被告人質問で被告が黙秘したことに「本当のことを聞きたかった」と悔しそうに話した。

 判決によると、借金返済や電化製品代金の支払いを免れるため、二〇〇九年四月にトラック運転手矢部和実さん=当時(47)=を、同年十月に電器店経営の円山さんを、それぞれ鳥取県内の海と川で溺死させた。ほか詐欺や窃盗など十六件の罪も認定した。
(東京新聞 2012年12月5日 朝刊付けより引用)

 皆さんは14年前、和歌山で起こった毒入りカレー事件を覚えているであろうか。この事件の裁判もまた
状況証拠だけで被告人に死刑判決が下った。私もアメブロで次に挙げるコラムを書いた。

何という曖昧なままの判決



11年前に和歌山で起こった毒入りカレー事件のことを覚えているであろうか?本日、その事件で殺人罪に問われているM被告に対し、最高裁は上告を棄却して改めて死刑の判決を下した。その理由として
1:カレーに混入されたものと組成上の特徴が同じ亜ヒ酸が自宅などから見つかった
2:被告の髪からも高濃度のヒ素が検出され、付着状況から亜ヒ酸を扱っていたと推認できる
3:亜ヒ酸を混入することが出来たのは被告だけであり、調理済みの鍋の蓋を開けるなど不審な行動が目撃されたなどの状況証拠を列挙、更には「動機が解明されていないが被告が犯人であることには左右されない」と述べられた。(毎日新聞4/21付けより)
 我が親友は被告が犯人であるのは間違いないと言っているが私としては慎重な姿勢を崩すわけにはいかない、これはあくまで状況証拠に基づいた判決であり、決定的なものがないからである。それ故、今回の判決は余りにも曖昧な状態のまま、被告を犯人と断じてしまったと思っている。更に残念なのはまたもや『死刑判決』が下されたことである。何度でも言うが死刑など犯罪者にとって利益になるだけだ。仮に今回の被告が犯人だったとしてもこの判決は逆に彼女の利益になるだけであり被害者やその遺族に対する悔恨もないままうるさいこの世とおさらばという形になるだけである。
 
 余談だが裁判員制度開始まであと一ヶ月を切った。私と我が親友は去年のこの時期にもこの制度について取り上げたが今の司法の状態なら時期尚早である。裁判官や検察の『疑わしきは罰する』という考えで裁判に臨む姿勢や被告や遺族の感情に押し流される判決が多くなってきているからだ。私の父親は「例え、多数が有罪と判断しても残りの少数が無罪となるなら減刑もされる」と言っていたがどう見ても多数決の原理だけで有罪か無罪かを確定してしまうことが多くなると思っている。
(新生活日記 Neutralizerの移ろい行く日々 2009.4.21付けより引用)

 
そもそも『疑わしきは罰せず』が現代司法の精神ではなかったのか、それが上記のコラムで書いたように『疑わしきは罰する』で今回の事件も真相追及を曖昧にしたまま、死刑判決が下ってしまった。こんな感情裁判をいつまで続けるのだろうか。
 私は思う、あの大津事件(明治24年に発生)を裁いた小島惟謙の精神は死んだと。ではその大津事件と小島惟謙という人物は一体何なのか?Wikipedia日本語版から一部引用させてもらう。
 明治24年(西暦1891年)、当時ロマノフ王朝が支配していたロシアからニコライ皇太子(後のロマノフ王朝最後の皇帝ニコライ2世)が来日した。その時、琵琶湖を観光して京都に戻る途中で彼は巡査の津田三蔵によって切りつけられ負傷した。加害者である津田はその場で取り押さえられ、日本中で『ロシアが攻めてくる』と大パニックになった。これが大津事件である。(Wikipedia日本語版『大津事件』より一部引用)
 この事件は当時の政府の意向により大審院(今でいう最高裁判所)で裁くこととなり政府首脳達は死刑を要求しようとしたが当時の大審院長(今でいう最高裁判所長官)であった小島惟謙は『日本は法治国家である』という信念を貫き、当時の刑法に則って津田を無期懲役の刑という判決を下した。(Wikipedia日本語版『大津事件』・『小島惟謙』より一部引用)
 この事件で曲がりなりにも当時の欧米列強はもちろんのこと、国際的にも主権国家として認められたわけだがそれを今紙くず同然の形でポイ捨てにしてしまっている。まだ、精神的に江戸時代の威勢だけを持ち続けて外見だけ『民主主義国家』を唱えているだけの証拠である。
 
 
 今回のコラムは極ネトウヨ共への宣戦布告状である。今まで我が親友から極ネトウヨ共叩きへの協力要請があったものの、しばらくの間は静観していた。しかし、以前書いたコラム『未来の為にも過去の清算を』について葛城みかんなる者がヘイトコメントをやらかしただけでなく、我が親友の極ネトウヨ共叩きの同志の一人、ふーくんさんのブログでhokkなる者が私を名指しで誹謗中傷(本当は我が親友に対してなのだが)してきた為、私も本格的に極ネトウヨ共叩きに参加することにし、我が親友の同志達にアメブロのメッセージで参加する意向を伝えた。

 さて、『未来の為にも過去の清算を』でヘイトコメントをやらかした愚か者への回答はこうだ。

 なるほど、確かに韓国も貴様の言うSF条約には調印しているな。だがな、貴様は重大なことを忘れている、それは韓国のいや朝鮮民族が植民地時代に当時の我々日本人から受けたトラウマだ!!そのことすら今でも我々の中で貴様のように逆撫でする愚か者が多いのにSF条約を出すとは歴史認識が浅すぎるわ!!それで『韓国に移住しろ』とはちゃんちゃらおかしい。貴様こそ韓国の国会に乗り込むか韓国大統領が来日した際に『SF条約に従え!!』と直談判したらどうだね。お仲間からさぞかし英雄と称えられよう、そんな『蛮勇』があればの話だがね(笑)。

  更にネトウヨ共にイソップ寓話の一つを紹介してやろう。
 神(イソップ寓話はギリシャが主な舞台なのでここではゼウスのこと)が美しい鳥のナンバーワンを決めるコンテストを開催することにした。当然、鳥達は羽を綺麗に見せるために掃除したり水浴びをしたりした。その中で鴉は自分の黒い姿にコンプレックスを感じ、地面に落ちていた他の鳥の羽を自分の体にくっつけてコンテストに臨んだ。すると神は鴉をナンバーワンとしたのだが他の鳥達は鴉が自分達の羽をくっつけてることに気づき、羽を毟り取ってしまい、鴉は元の黒い姿を曝け出す羽目になった。
 貴様等はこの話の鴉と同じで著作権違反をしてまで己を飾り立てているにすぎん!!ましてや我が国の昔話『梟の染物屋』で鴉を真っ黒にして恨みを買った梟より染物の美術的センスすらない!!何せヘイトコメントという下手糞な手法でブロガーという他の鳥にケバケバしい色使いに塗りたくっているからねぇ。

 ついでに『ねこまゆき』さんというアメブロでブログを書いてらっしゃる方が貴様等に相応しい歌を選出してくれたぞ。

ネトウヨイメージソング~


さて、ネトウヨにふさわしいイメージソングをあげますか。

その名も「かまって音頭」。歌は、大竹しのぶ。IMARUのママンヌだしね。これ、ポンキッキで流れていた歌ですがな。まぁ、ネットの中のネトウヨらは、暇で構ってほしいんだろっ?特定な人間をいじめたいんだろ?

では、聞いてください。
かまって音頭↓
http://www.youtube.com/watch?v=3uKE5lz8PLY

(necomabox簡易版 11/23付けより引用
http://ameblo.jp/ncm765/entry-11411351993.html)

 軍歌なんか聴いているよりはこっちの方が数段為になると思うがね。そうそう、貴様等に一度だけ情けをかけるつもりで一つアドバイスする、一日だけでもいいからパソコンから完全に手を離してみたまえ。それでイライラ感が出たり不眠症に陥ったらネット中毒にかかっているぞ。前のコラム『ネットコミュニケーションが脳を退化させる』で紹介しなかったが幻覚を見るようなら完全に重症だな。アホな愛国論を書くぐらいなら図書館で歴史を勉強し直してこい!!


  
 

 
[Home]

Category
New Artical
 
New Comment

[Login]  [Write]  [RSS]


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[09/02 矜持]
[01/15 すずめ]
[10/06 メグレムリン]
[08/28 俊樹]
[08/15 俊樹]
プロフィール
HN:
F16dande
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
最新コメント
[09/02 矜持]
[01/15 すずめ]
[10/06 メグレムリン]
[08/28 俊樹]
[08/15 俊樹]
フリーエリア

忍者ブログ [PR]
 Designed & Photo  by chocolate巧